認定看護師 転職

認定看護師は転職したほうがいい理由とは?

医学分野での目覚ましい技術の進歩や、年々増加していく高齢者の病気治療や看護、また認知症等の介護問題、医師不足や看護師不足など医療現場での問題などから、現在日本では医療に関して、より高度な知識やスキルを持つ看護師のスペシャリストへの需要が高まっています。

 

それにともない現在看護師の職場で働きながら、より深い看護に携われさらなるキャリアアップをはかることができる「認定看護師」の資格を目指す人達もかなり増えてきました。

 

認定看護師は、日本看護協会に認定された看護師の資格ですので、キャリアアップを目指す看護師にとっては、なくてはならないものになってくるでしょう。

 

当然、認定看護師の免許を持っているだけで重要な役職を任せられることになり、場合によっては後輩の指導をしていく立場になります。

 

また、給与面でも高待遇され、大幅な給料のアップとなってますます看護の仕事にやりがいがでてくると思います。

 

認定看護師教育課程は19種類の各専門分野別に教育機関が全国にあり、教育機関は連続した昼間の教育を6ヶ月以上受けることが原則です。

認定看護師の試験や講習にはお金がかかりますが・・・

授業時間数は600時間以上、共通科目90時間以上、学内演習および臨地実習200時間以上等の課程があります。

 

認定看護師の認定審査は筆記試験120分で、分野によって4選択肢の客観式問題が20〜30問と記述式事例問題が1問出題されます。

 

ということは日々の看護の業務をしながら試験に合格する必要があるのでそれにかかる時間を確保する必要があります。

 

とても日々の看護師の仕事をしながらは難しいと思うかもしれませんし、資格を取るためにはお金が必要です。

 

でも安心してください。

 

⇒ 過敏性腸症候群のガス型

認定看護師になるために転職を!

認定看護師になるために転職をするのです。

 

どういうことかというと認定看護師の資格を取るために全額助成金を出したり、認定看護師の試験のために勤務を調整してくれる病院があるからです。

 

今、働いている病院にそういう制度がない場合は残念ながら転職を考えたほうが良いでしょう。

 

なぜ、こんな病院があるのかと言うと認定看護師の資格を持っている人はまだ少ないため、自分の病院に認定看護師がいるということで専門的な病院という評価が高まり、遠方であっても病院に通う人が増加したり、国からの診療報酬もアップするため、認定看護師の資格にかかるお金などすぐに回収できるということなんです。

 

ただ、このような制度があるというのは非公開にしている病院が多く、一般的な求人誌やハローワークなどには掲載していません。

 

そこで利用してほしいのが看護師求人サイトです。

 

看護師求人サイトには看護師の転職のエキスパートである転職エージェントがいて、認定看護師をめざしている看護資産への助成金や待遇を調べてもらえるのです。

 

こんなに手厚いサービスであっても、登録料や紹介手数料など一切無料なので情報収集目的でもいいのでまずは登録してみてはいかがでしょうか?